2009年2月2日月曜日

プロテクター


お知り合いの方が、HYODのツナギのプロテクターをd3oにバージョンアップしました。
余り聞きなれない言葉のディースリーオーですが何度かテレビでも紹介されている。オレンジ色のプヨプヨした柔らかいゼリー状の素材に包まれた生卵をハンマーで叩くと瞬時に硬くなり中の生卵が割れないシーンを見た覚えがあります。
それにしても、衝撃テストに生卵は欠かせませんねぇ。^^

写真は私が普段着用しているBMWシティパンツで膝と腰骨にCE NPプロテクターが装着されています。CEはヨーロッパの消費者安全規格の頭文字なのでNPプロテクターと呼んでいる。NPは乗用車の衝突時のクラッシャブルゾーンと同じ考え方で低反発素材を用いて衝撃を緩和させて身体に衝突エネルギーが伝わるまでにできるだけ時間を稼ぎ、その間に衝撃力を吸収し弱める原理です。
たしか2年程前から一部のBMWウェアーにも採用されました。

d3oもNPも効能からすると同じ素材で出来ているような気もするが詳しい事は分かりません。
ただ、どちらの素材も低反発素材でライダーの動きを妨げずに伸縮を繰り返し、一旦衝撃が加わればできるだけ多くのエネルギーを吸収し直接身体に伝わらないようガードする。また、柔らかい素材はこれまでの硬質素材では難しかった曲部のプロテクションにも活用できるメリットがあります。
 
新素材を活用したプロテクターはクルマのエアーバックと同じ発想で開発され、そのコンセプトはあくまでも万が一の転倒時に「衝撃を緩和」させるのが役目、「衝撃から守る」コンセプトで開発されているのはヘルメットだけです。
もし、「衝撃から守る」ジャケットやパンツを身に着ければ、中世の騎士のように鉄の鎧でバイクに跨ることになり、その姿はライディングとは程遠いモノとなる。
 
毎年NEWモデルが発売されハイエンドのレザースーツはかなり高額です。だから、身体に馴染んだ一着を最新のプロテクションで補強しながら永く着用したい。

3 件のコメント:

  1. はじめまして、セイウチと申します(笑)
    ブログ開設おめでとうございます!!!
    バイクは全くの初心者同様ですが、今後もよろしくお願いいたします。

    返信削除
  2. はじめまてしガレです。(笑)

    こちらのブログは、ワールドワイドのようで世界中に情報が発信できます。
    いつの日か、金髪のキャサリンともお友達になれるかもぉ。と新装開店しました。(笑)

    また、遊びにきてくださいね。

    返信削除